空腹は太る原因になる

痩せるための有効な方法のひとつに、ファスティングがあります。
ファスティングとは、食事を絶つことで摂取カロリーを限りなく0に近くすることです。
摂取カロリーが0になれば、身体は基礎代謝によるカロリー消費によって、自然に痩せていきます。
特に運動などをせずとも、どんどんスリムになっていくことができるのです。

しかしこのファスティングが、かえって太る原因になる場合もあります。
なぜなら身体が空腹状態になることで、次に食事をとった時に、身体が過剰に栄養分を吸収してしまうからです。
また、空腹感を感じることで、食べ物に対する欲求が強くなり、ファスティングをやめた後につい食べすぎてしまうことがあります。
それらが原因となって、せっかく痩せても、元の身体よりも太ってしまうというわけです。
これがいわゆるリバウンドです。

しかし空腹状態にならないようにファスティングをおこなうことで、この問題は解決します。
そのためファスティングによるダイエットをおこなう多くの人が、野菜ジュースなど低カロリーな飲み物を飲んだり、お腹の中で膨らむ性質のある食べ物を少量だけ食べたりしています。
それにより身体は空腹感を感じにくくなり、リバウンドの心配がなくなるのです。