夕食は21時までに食べる

夕食は21時までに食べることは、食事による脂肪をできるだけ体に溜めないダイエット方法になります。
眠っている時にも基礎代謝は行われていますが、起きている時よりも消費量が少なくなります。
これは食べてすぐ寝ると、食べたものが消費されずに無駄な酵素を使ってしまうことになります。
しかも消化するための酵素が足りなくなって、代謝のための酵素を使ってしまいます。
その結果、太りやすい体になってしまいます。
一般的に寝る3時間前に夕食を摂ることで、太りにくい体をつくることができます。
ただし現代社会では、仕事などで夜遅く食事を摂る人も多くなっています。
また寝る前に食べないことで、お腹が空いて眠れないこともあります。
このような時にはカフェインの入っていないジュースなどを飲むことで対処することができます。
そして夕食は21時までに食べる必要性は、人間の体と密接な関係があります。
人間の体は体内時計と呼ばれているサイクルがあり、脂肪を溜めやすい時間帯があります。
例えば、昔からおやつは3時に摂る理由は、この時間帯がもっとも脂肪を溜めにく時間帯だからです。
これと同様に夜にも脂肪を溜めやすい時間帯があり、それは22時からになります。
このような理由から夕食は21時までに食べることで、ダイエットに成功することができます。